世界VIO事情

自分で自分の毛を処理する自処理?自撮りならわかりますけどね?シェーバー、T字かみそり、毛抜き、ほかには出てきませんかね?ジャニーズの歴史から現在までのイケメンならわかりますけど、全国津々浦々の年頃のギャル(言い方 古っ!)すべてが美容エステに行けるわけはありません。

どうどうと「わき毛なんか自然にそのままにしてるわよ!!」という女子もいらっしゃると思いますしね。自分で自分の毛を処理するメリットというのはなんと言っても人件費がかからないということでしょう。見えないところは鏡を使って~~?なんて苦労もありますけど。

毛にもいろいろ、産毛程度の毛もあれば、亀の子タワシみたいな強力なのもあるでしょう。生え方、その方向もそれぞれちがうそうだ。その毛の生命力っていうか、処理したあとの毛の成長速度にも違いがあるんだとか。やっかいだけど女子の身だしなみですものね。そういえば海外には脱毛のためのテープやワックスもあるみたいですね。もともそれがポピュラーだとか?人間だから生える毛?いえ、その前に動物だから生える毛、必要だから生える毛、なのにその毛を抜く脱毛。なんだか矛と楯ですよね?



女子大生で脱毛サロンやクリニックに行けるのは東京6大学のミスコンに出るような子ぐらいですよね!就職したてでは仕事を覚えるので精いっぱいですものね!アンダーの脱毛の話はみんなの話題になっても自分でせっせと夏前にするくらい。興味ある子は7割から8割って言いますけどなかなかね~~?外国人男性が日本人女性に対して幻滅するポイントとして、恋人になったときにアンダーヘアがケアされてないというレポートがあったことを覚えています。それは欧米においては男性もVIO脱毛をするくらいですから女性のそれはほぼ「常識」になってるということ。

そして女子の興味は洋の東西を問わず恋バナでしょう!彼との一夜のことを考えたときの準備としてアンダー処理は一番気になるところ。毛の量はみんなどのくらいあるのか?形まで手入れしてるのか?ツルツルにする意味って??など興味は尽きません。温泉に行ってアソコの毛の形も十人十色とはよく言ったものだと思いました。

日本の女子はVIOのVやIの毛の量の多い少ないはあっても Oにはほぼ毛が生えません、そこにあるのは男性のみです。VIOは場所が場所だけに両わきの脱毛とはわけが違います!サロンやクリニックでもその経済的負担も大きくのしかかってきます。40代のマダムならサロンでも問題ないのでしょうが、20代後半から30代の乙女には脱毛サロンやクリニックの門をたたく前に「恥ずかしさ」という大きなハードルが立ちはだかるのです。

まだまだ日本ではアソコの毛を全部剃っちゃう人は少ないです、キレイなカワイイハート型や毛量を少なくするというアンダー処理がポピュラーです。そして女性が思ってる以上に男性もパートナーにアンダー処理できた女性を求めているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ