ケノンのアンダーヘア処理とは?

「ワキはいいよな~」

、って声が聞こえてきそうですね!その声の主は下着のショーツの中から。

いつも窮屈カワイイ布に包まれて窮屈な想いをしてる、ヴァギナと肛門の周辺、そこにはアマゾンのような密林がうっそうと茂っている。このところの寒波は別物ですが、これからの季節の蒸し暑いこの国で日本の女子はガードが固い!夏でも脚をきれいに見せるためだといってパンストをお履きになる。ワキと、ショーツの中の密林も定期的にカット・処理され、時にはいいにおいのスプレーまでしてもらえる。あれ気持ちよさそう?

アタシたちはなかなかお天道様も拝めやしない。こういう風に下半身のアンダーヘアは嘆いています、もっと開放的にしてくれ!そして「アタシたちも時には 脱毛・カットやお手入れして!」って言ってます。

この声に応えてあげてください、女子のみなさん、ご家庭でもサロンでも構いません、もっとアンダーへアーに注目に注目してあげてくださいね。感染症や下半身の不快感もアンダーヘアに大きな原因があるんですから。

とはいってもこのところの女子のみんなも頑張ってますよ!

アメリカのフランスの女子にとっては「あたり前田のクラッカー」的存在のアンダーヘア処理。
彼女たちにとってはワキや足、腕と同時にアソコのヘア処理も欠かせないほどの認知度と常識的女子の文化的行事になってるほどです。ワンランク上の女子を目指すならこのアンダー処理は必須アイテムになってるんですよ。

それは水着を着たときの「はみ毛」が無くなる!、生理中の衛生を担保する、人目を気にする温泉でも大丈夫。昨年2015年の調査では女子の3割強が通年でこのアンダー処理をしているという事実。まったく気にせずアソコ周りをなんもしていないボーボー女子が2割ちょい!大和なでしこも頑張ってます。

そしてこのアンダー処理はサロンと自処理が4対6の割合、そしてこのデフレの世の中ではサロンに行く経済的余裕はありません!特にこのVIO脱毛をしようと思ってる若い世代(既婚者も含む)に「豊かさ」という言葉は高根の花・雲の上の存在になっているのです。

そして大和撫子の習性でしょうか?サロンで「お願いします!」とは言いにくいのです!VIO脱毛は。そしてこのサロンと言わずカミソリ等での自処理には9割の女子は満足していないのも事実なんですよね。恥ずかしさだったり、剃っても抜いてもすぐに生えてくるという現実があるからなのですね。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ